GoogleAdSense合格の全貌公開
アフィリエイト

Amazonアソシエイトの審査に合格する方法【2019年最新】

Amazonアソシエイトの審査に合格する方法【2019年最新】

「Amazonアソシエイトの審査に合格することは、Googleアドセンスの審査に合格するよりも難しい」と聞いたことがあります。

確かに、Amazonアソシエイトの審査は厳しいと思います。

なぜなら、Googleアドセンスの審査はブログ開設から1週間後5記事で申請→合格した私ですが、Amazonアソシエイトの審査は54記事の時点で申請しても通りませんでした。

ねずみかん
ねずみかん
ある程度記事数が必要とは聞いてたけど、50記事あってもダメなの!?!?

不合格になった原因を探り対策した結果、不合格から27日間後に、2度目の挑戦Amazonアソシエイトに合格ることができました。

本記事では、Amazonアソシエイト審査に2度目で合格した私が、不合格から合格できた経緯と、合格を目指す上で押さえておきたいポイントをお話していきます。

~本記事の流れ~

  • もしもアフィリエイト経由でもAmazonの商品紹介ができるのに、なぜAmazonアソシエイト合格を目指したのか説明
  • Amazonアソシエイトの審査 1回目の申請状況と2回目の申請状況を比べる
  • 不合格メールの本文から、不合格になった理由を考察
  • 合格した理由のまとめ
ねずきち
ねずきち
私と同じようにAmazonアソシエイト審査が通らず、悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

Amazonアソシエイトの審査に合格を目指した理由

まず初めに、なぜAmazonアソシエイトの審査に合格したかったのかお話しておきます。

Amazonの商品やサービスの紹介は、Amazonアソシエイトの審査に合格しないとできないと思っている方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

もしもアフィリエイトに登録し、Amazonと連携することでAmazonの商品やサービス紹介は簡単に出来ます。

例えば、このような”かんたんリンク”も、初心者でも非常に簡単に作成することが出来ます。

商品の紹介報酬も変わらないので、もしもアフィリエイトからAmazonの商品を紹介することに、特にデメリットはありません。

私はAmazonアソシエイト審査に合格する前、そして合格した今も、もしもアフィリエイトを使用しています。

ねずみん
ねずみん
じゃあ、Amazonアソシエイト審査に合格しなくても、もしもアフィエイトからでいいのでは⋯?

それではなぜ、Amazonアソシエイト合格を目指したのか。

理由は一つ、「リンカー(Rinker)」を使いたかったからです!

リンカーとは下記のような、よくみる商品リンクを作る仕組みです。

もしもアフィリエイトのかんたんリンクよりもデザインは優れていますし、管理が簡単です。

このようなリンクを作るには、AmazonアソシエイトのIDが必要です。

有名ブロガーさんはみんな使っているリンカー。

リンカーを使うには、Amazonアソシエイトの審査に合格するしかないので、挑戦しました。

Amazonアソシエイトの審査 申請時の状況 1回目(不合格)

不合格だった1回目の、Amazonアソシエイトの審査に申請した状況は下記です。

  • ブログ開設日数:4ヶ月目
  • 記事数:54記事
  • AmazonをPRする記事:なし
  • もしもアフィリエイト経由のAmazon商品紹介リンク:あり
  • お問い合わせフォーム:あり
  • プライバシーポリシー:あり
  • Amazonの商品購入歴:あり
  • Amazon Prime:非会員

申請から、わずか20分後に不合格通知が来ました。

ねずきち
ねずきち
不合格通知、来るの早すぎない!?ちょっとは悩んでくれよ⋯(笑)

なぜ不合格になったのか。その理由の前に、合格した時の状況を先にお話しておきます。

Amazonアソシエイトの審査 申請時の状況 2回目(合格)

合格した2回目の、Amazonアソシエイトの審査に申請した状況は下記です。

  • ブログ開設日数:5ヶ月目
  • 記事数:78記事
  • AmazonをPRする記事:あり
  • もしもアフィリエイト経由のAmazon商品紹介リンク:あり
  • お問い合わせフォーム:あり
  • プライバシーポリシー:あり
  • Amazonの商品購入歴:あり
  • Amazon Prime:無料体験期間

申請から、25時間後に合格通知が来ました。

ねずみかん
ねずみかん
不合格の時と何が変わったの?

それでは、1回目と2回目の状況を比較してみましょう。

Amazonアソシエイトの審査 申請時の状況 1回目と2回目を比較

Amazonアソシエイトの審査に不合格だった1回目から変わったこと
  • ブログ開設日数が27日増えた
  • 24記事増えた
  • AmazonをPRする記事を書いた
  • Amazon Primeの無料体験中に申請した

ブログ開設日数と記事数が増えたことは、今回合格した理由と関係がないと判断しているので、省きます。

まずはAmazonをPRする記事を書いたこと、Amazon Primeの無料体験中に申請したことの2点について説明します。

AmazonをPRする記事を書いた

合格した2回目の申請時では、AmazonをPRする記事を書いていました。

Amazonアソシエイトに申請する前に、Amazonのサービスや商品を紹介する記事は書いておいた方が良いと思います。

人によってはAmazonアソシエイト審査合格に、時間がかかる可能性もあります。

いつ合格するかわからないので、その間に商品紹介をしないというのはもったいないです。

まずは、もしもアフィリエイトに登録して、もしもアフィリエイト経由でAmazonとの提携を申請してみましょう。

もしもアフィリエイトはAmazonアソシエイトに合格してもしなくても使うべき、登録必須のASPです。

別記事にも詳しく記載しています🔽

あわせて読みたい
もしもアフィリエイトでAmazon ・楽天に提携!リンクのやり方
もしもアフィリエイトでAmazon ・楽天に提携!リンクのやり方Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクを貼りたいときに活用できるASPが、「もしもアフィリエイト」です! ...

もちろん提携に審査はありますが、Amazonアソシエイトに比べると確実に通りやすいです。

\もしもアフィリエイト無料登録はこちら/

Amazon Primeの無料体験中に申請した

Amazon Prime会員は、30日間無料体験ができます。

なれるのであれば、なっておくに越したことはないと思います。

\公式サイトはこちら/

 

Amazonプライムの無料体験については別記事に詳細を記入しています🔽

あわせて読みたい
Amazonプライム会員の無料体験を徹底解説!自動更新の回避方法
Amazonプライム会員の無料体験を徹底解説!自動更新の回避方法映画やドラマが見放題、100万曲以上が聴き放題、有料配送の使い放題など、魅力的な特典が盛りだくさんのAmazonプライム 30日間...

AmazonをPRする記事を書いたことや、Amazon Primeの無料体験中に申請したことも合格できた理由かもしれませんが、別の視点からも考察しました。

次に、不合格時に送られてきたメールの本文から、不合格になった理由を考えます。

不合格になった理由(考察)

不合格時に送られてきたメールは下記内容です。(一部省略しています)

このたび当プログラムへの参加を申請いただいたWebサイトを拝見いたしましたが、お申込みを承認することができませんでした。

当プログラムでは、お申込みいただいたWebサイトが下記の項目に当てはまる場合には、ご参加をお断りさせていただいております。

1. Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

6. 知的財産権を侵害している場合

7. 露骨な性描写がある場合

8. 未成年の方のお申し込み

また、当プログラムの独自の裁量により、上記の8つの理由にあたらない場合でも、運営規約上、ご登録予定のWebサイトが不適当であると判断した場合には、お申込みをお断りする場合があります

1に当てはまり、Webサイトが未完成または作成したばかりとみなされたのか⋯?

と考えましたが、調べたところによると記事数が足りていない場合は、メールに下記のような記載があるようでした。

現段階ではコンテンツが少ないため、必要な審査を行うことができませんでした。

この記載がなかったため、不合格の理由が記事数ではないと判断しました。

では、不適当であると判断された理由は何だったのか。

私の中での結論は

サイトの内容・紹介したい商品の説明欄の記入が不十分だった

ことです。

Amazonアソシエイト審査の申請画面には、下記のようなWebサイトの内容、および紹介したい商品の説明欄があります。

AmazonアソシエイトのサイトPR文記入欄

1回目の申請は、「簡単にご説明ください」の文字と、下に書いてある例文に従って、本当に簡単に書きました。

合格した方の記事を見ると、この部分を詳しく書くことをおすすめしている記事が多かったので、2回目の申請では256文字ギリギリに収まる文章を記載しました。

文章の流れとしては、

  • ブログの内容
  • 運営目的
  • どのような商品を紹介したいか
  • 読者へのメリット

を意識して書きました。

私と同じように、簡単に書いて審査が通らなかった人が結構多いようなので、この部分は丁寧に記載した方が良いと思います。

まとめ

最後に、これまで説明したことをまとめます。

Amazonアソシエイト審査の合格時にしていたこと
  • もしもアフィリエイト経由のAmazon商品紹介リンクを貼っていた
  • AmazonをPRする記事を書いていた
  • Amazon Primeの無料体験中に申請した
  • Amazonの商品購入歴があった
  • 問い合わせフォームとプライバシーポリシーを設置していた
  • Webサイトの内容、紹介したい商品の説明欄を256文字ギリギリに収まるよう丁寧に記載した

また、Amazonアソシエイトの審査合格に必要だと言われていたことで、関係がないと判断した項目も書いておきます。

合格に関係のない項目
  • Amazon以外の商品紹介リンクを貼ってはいけない→バリバリ貼ってました
  • ドメイン運用歴半年は必要→運用歴5か月目でした
  • 100記事ないとダメ→78記事でも大丈夫でした

私のように、前回の申請から1ヶ月も経っていないのに、再度申請して合格できたということもあります。

一度審査に通らなかった方でも、もしもアフィリエイトを使ってAmazonの商品紹介をしつつ、諦めずに挑戦してみると良いと思います!

ねずきち
ねずきち
この記事を読んでくださるほど頑張っているあなたなら、絶対大丈夫です。

アフィリエイトをする上で登録必須のASPはこちら🔽

あわせて読みたい
【登録必須】ASPまとめ!アフィリエイトで稼ぎたい人におすすめ
【登録必須】ASPまとめ!アフィリエイトで稼ぎたい人におすすめ自分のメディア(サイトやブログ)を持っている方がアフィリエイトを始めるには、ASPに登録する必要があります。 ASPとは成果報...

Googleアドセンス1発合格の秘訣はこちら🔽

あわせて読みたい
Googleアドセンス1発合格【ブログ開設7日目5記事】全貌公開
Googleアドセンス1発合格【ブログ開設7日目5記事】全貌公開WordPress初心者の私ですが、Google AdSenseに合格しました! ブログを開設後、最初の目標だったので達成出来て嬉...