お得情報・紹介

絵本「おだんごぱん」は歌って楽しいロシアの昔話 パンの行く末は⋯

絵本「おだんごぱん」は歌って楽しいロシアの昔話 パンの行く末は⋯

ロシアの昔話として有名な絵本には「おおきなかぶ」がありますが、「おだんごぱん」をご存知ですか?

私は保育実習で初めて知り「子供のうちに読みたかった」と思った絵本のひとつです。

この記事では絵本「おだんごぱん」をご紹介していきます。

ねずみん
ねずみん
子育て中のママさんやパパさん、知らない方にはぜひ知ってほしい魅力溢れる絵本です♪


「おだんごぱん」はロシアの昔話をもとにした絵本です

おだんごぱんをロシア語ではКолобок

「コロボク」「コロボック」「カラボック」と言います。

1966年に瀬田貞二さんの訳、脇田和さんの絵で福音館書店より出版されたロングセラーです。

絵は全体的に茶色っぽく、古風な感じで落ち着いています。

カラフルな絵本と違って地味な印象を受けますが、物語にリズム感があるので、子供たちには大ウケ!飽きさせません。

「まるい」「ぱん」として浮かぶのは大人気のアンパンマンですが、おだんごぱんはアンパンマンとは違って少し傲慢な感じです(笑)

どのようなストーリーなのか、少しお話していきます。

ストーリーから学ぶ教訓とは?リズミカルな歌が特徴

おばあさんがおじいさんのために作った「おだんごぱん」は、窓辺で冷やされている間にコロコロと転がって逃げ出します。

おだんごぱんはウサギ、オオカミ、クマに遭遇して食べられそうになりますが、歌をうたって上手に逃げ抜きます。

「ぼくは天下のおだんごぱん♪おじいさんからもおばあさんからも逃げ出したのさ♪おまえなんかにつかまるかいっ♪」

ねずきち
ねずきち
動物たちに遭遇して逃げるたびに、何度も歌うこのフレーズが頭の中に残る!

得意げになっていたおだんごぱんですが、最後は口の上手いキツネに誘導されて、鼻の上に乗って食べられてしまいます。

ねずみん
ねずみん
主人公が食べられる⋯なんとも衝撃的なラスト!!

「勝手に家から逃げ出すと、怖い目に合うよ」

というちょっと怖い教訓があるお話です。

毎回出てくる歌のフレーズに節をつけて歌うようにすると、子供たちもいっしょに歌って喜ぶ絵本です!

おだんごぱんの詳細【作品情報】対象年齢

カテゴリ 絵本(ロシアの昔話)
読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から
瀬田 貞二
脇田 和
定価 本体1,200円+税
ページ数 24ページ
サイズ 31×22cm
初版年月日 1966年5月1日
出版社 福音館書店


おだんごぱんはロシアだけでなくヨーロッパに古くから伝わる民話です

おだんごぱんはロシアの昔話とされていますが、実はロシアだけでなく、ヨーロッパに古くから伝わる民話だそうです。

他にも様々な作家の手により、絵本化されています。

パンはころころーロシアものがたり

 

ころころパンケーキ

いろんなタイプのおだんごぱん。もはやパンではなくパンケーキになっていたとは現代的ですね!

絵本「おだんごぱん」の魅力まとめ 劇あそびにも最適!

私が感じたおだんごぱんの魅力

  • リズミカルに読み聞かせができて楽しい
  • 何度も同じフレーズが出てきて虜になる
  • 動物から逃げ回るところが子供にウケる
  • 最後にドキドキ感があって夢中になる
  • ちゃんとした教訓がある

まだ読んだことのない方、お子さんをお持ちのママさんパパさんは是非見てみて下さい♪

お得情報

人気の商品が毎日お買得価格で登場Amazonのタイムセール🔽

 

Amazon全ジャンルのクーポンはこちらでゲット♪🔽