ブログ運用

ブログ記事が無断転載 まとめサイトに全コピペされたので対処した件

ブログ記事が無断転載 まとめサイトに全コピペされたので対処した件

最悪です。本当に最悪です。腹立たしいです!悔しいです!

私が運営してるブログが、47記事まるまるそのまま転載されていました。

タイトルも、本文も、画像も、全部!

※被害に遭ったのは当ブログ「ねずろぐ」ではなく、別に運営しているブログで、開設した8月当初からずっと転載されていました。

ねずみかん
ねずみかん
てか、なんで気づかなかったの?チョロくない?

はい、そうです。私も愚かなバカ者です。自分のことも責めました。

事件は犯人からの謝罪があり解決したので、本記事では対処方法をまとめていきます。

被害に遭ったブログの状況

被害に遭ったブログはコツコツと更新しており、総記事数が56記事あります。

転載されたのは47記事。つまり、9記事以外全部転載されていまいた。

転載されたサイトは「まとめサイト」と書いてあるただの転載サイトでした。

SSL化もされていないサイトで、お問い合わせフォームもありません。

犯人は、ライブドアブログでもブログを運営しており、ワードプレスで作った「まとめサイト」にライブドアブログを載せつつ、他人が書いた記事もまるまる転載していました。

カテゴリーのひとつに80記事が詰め込まれているのですが、そのうちの47記事が私の書いた記事なので、被害者は他にも数名居ました。

アフィリエイトリンクもそのままで、まるまるコピペされてる状態でした。

私は、知らないサイトのリファラで成果が来ていて、気が付きました。(もちろん登録していないサイトから上がった成果なので、非承認になると思います。)

引用ルールも何も知らずに、まとめサイトを作って自分のサイトへの流入を増やそうと考えていたのかもしれません。

公開日が全く同じなので、何かツールを使っている可能性もあると思いました。

パクられた、似ていた、真似されたということではなく完全なる無断転載なので、著作権侵害です。

損害賠償請求して強制執行(差し押さえ)することもできるので、徹底的にやる人はやると思います。

DMCA申請してGoogleのインデックス(検索結果)から消去できたとしても、結局サイト内に記事は残ったままなります。

するとSNS等でバラまけば読まれてしまうので、私はなくなく犯人と連絡を取り合うことにしました。

  1. 全記事の魚拓を取る
  2. 転載されたうちの新しい記事にコメントで消去を要請
  3. 転載された全記事に消去要請
  4. ライブドアブログの方の問い合わせフォームにも送信
  5. Twitterへリプ

以上です。順に説明していきます。

全記事の魚拓を取った 証拠は残すべし

ウェブ魚拓というサービスがあって、証拠を残しておくことができます。

>>ウェブ魚拓

仮に消されたとしても証拠が残るので、素晴らしいサービスだと思いました。

これを、47記事全て取りました。

時間はかかるしめんどくさいですが、証拠がなければ法で裁くこともできないので、面倒でも取ることをおすすめします。

コメントに消去を要請

お問い合わせフォームすら設置されていないサイトだったので連絡の取りようがなく、仕方なくコメントにて消去を要請しました。

ねずますかっと
ねずますかっと
直ちに全記事消してください。法的措置も考えておりますよ。

という感じで。

もしお問い合わせフォームがあるようであれば、そちらに送るのがベストだと思います。

転載された全記事にコメント

次の日になっても、コメントが承認されていませんでした。

記事の消去もされていませんでした。

しかし、犯人が書いたであろう記事の更新がされていた⋯

ねずみん
ねずみん
えー!?何なの本当に⋯見てないの?無視するつもりなの?

無視されていてはしょうがないので、47記事全てにコメントをしました。

なぜかこっちが嫌がらせしてるみたいな気分になりましたが、しょうがないです。

向こうは著作権侵害をしているわけなので、少々無理してでも強気に出るしかないと思います!

別ブログの問い合わせフォームに送信

同じ犯人が運営していると思われるライブドアブログにはお問い合わせフォームがあったので、コメントと同じような内容を送りました。

これも気づいてもらうための行動なので、致し方なかったです。

Twitterへリプ

ライブドアブログの方にTwitterアカウントが記載されていたので、Twitterでも送りました。

DMできればよかったのですが、開放されていなかったので、新しいツイートにリプという形でメッセージ送りました。

解決しました

その後、ようやく犯人から謝罪のメールが送られてきました。

この度は申し訳ございません。

本日を持ちまして、サイトは閉鎖しました。

とのこと。

サイトを見に行くと、403エラーになっていました。

まさかサイトごと閉鎖するとは思いませんでしたが、訴えられると思ったら焦ったのかもしれません。

魚拓も取っているので、もし2度目があったら許しません!!

DMCA申請について

DMCA申請(デジタルミレニアム著作権法)についての詳細は、下記の記事が参考になりました。

私の場合犯人がサイトごと消去をしたので、DMCA申請はやらずに済みました。(もし消去されなかったら申請するつもりでした)

しかし、申請してGoogle検索から除外されたとしても、記事は消えないのでWEB上には残ります。

SNS等で拡散されると読まれてしまうので根本的な解決にはなりませんが、犯人に連絡がつかないもしくは取り合いたくないという場合は、DMCA申請もひとつの手だと思います!

「Google検索で自分の記事より転載記事が上に来た」なんて場合は、非常に有効な手段だと思います。

「会社名」欄を記入することで、実名を晒さずに申請できるようです。

最後に

転載されたことにより、非常に精神的なダメージを食らってしまいました。

魚拓を取ったり、取り合うためにあれこれしたり、DMCA申請するのだって手間がかかるので大変な目に合うのは被害者だけです。

正直、超無駄な時間です。

なぜ大したブロガーでもない自分がこんな目に遭ったのかと思いましたが、

「ブログを運営している=いつ転載されてもおかしくない」

と思っておいた方がいいと思います。

どんなサイトにリンクされているかを頻繁に確認しておけば、怪しい無断転載には気が付けると思います。

私は確認していなかったことを深く反省しました。

ねずきち
ねずきち
みなさんも気を付けて下さい!!
ブログで稼ぎたい人向けの書籍
関連記事